迷惑メール ウィルスメール スパムメール

ここのところ、業務用のメール、個人用のメールどちらもうっかり引っかかりやすい日本語の迷惑メールが増えてきました。

個人向けであれば、ラインのやり取りのような短い文章に誘導用のURLを加えたもの。

業務用のメールには
百貨店を装うもの
社内のメールを装うもの
取引先からの発注書、見積書を装うもの
あるいは実在する配送会社を装う
それぞれ巧妙な日本語メールです。
それに、ウィルスやマルウェアが含まれた圧縮ファイルが添付されています。

最新のアップデートを適用したセキュリティソフトがあっても反応しないケースが多いようです。

受け取られても、
うっかり添付のファイルを開いてしまわないように注意してください。

2017/04/23
電脳執事
http://www.cybutler.net/

旅行代理店 てるみくらぶ 経営破綻 広告が倒産の原因?

1990年代末期にに広島で創業した会社のようです。(ドメイン情報より)
(株)てるみくらぶ(資本金60,000,000円 東京都渋谷区渋谷2丁目1番地1号 代表山田千賀子氏 従業員130名)



当初は無店舗型代理店としてインターネットで集客して成功したが、各ホテルや航空会社が直接自社サイトで直販するようになってから集客に苦労に始めたとのこと。

負債額は約100〜150億円(申請時151億円 債権者 約3万6000人)

一昨年(2015年?)から、新聞広告での集客に頼るようになったが、その媒体広告コストが嵩んで破綻しそうです。

全国紙の全面広告が約1000万円で、この広告費が負債の直接影響だったと社長の山本さんがコメントしていました。

また、新聞広告ではキャンペーンとして現金一括支払いでというものを盛んに掲載していたそうです。
 

■ 破たん・倒産の原因
自社サイトSEOの失敗、PPC広告を含めたマーケティングの失敗が今回の破綻の原因のようですね。

高めの年齢層を狙った高単価のクルーズツアーのための新聞広告のコスト、添乗員の増員などの人件費増加が内情でしょうか。

また、為替の影響を受けた円安倒産といえるかもしれません。

一度は上手くいったWeb系企業も、破綻し始める時期に来たのかもしれません。

■ 影響
2017年4月入社予定の新卒社員も突然の内定取り消しになったそうです。

どの程度の確定情報かわかりませんが、
入金済みで支払いが止まっている旅行代金が約10億円
出国中の旅行者が900名
2017年度新卒入社予定者が50名
とのことでした。
これから出国予定の人は出国しないことをお勧めしますと社長がコメント、
旅行中で帰国した人たちは、ホテル代や航空機代が払い込まれていなかったために全て自前で支払ったというインタビューを受けていました。
 
■ 倒産規模

リーマンショック後、旅行代理店の倒産としては最大規模のものとなりました。

負債額151億円と当初発表されていますが、増える可能性があるそうです。

■ 考察

自社サイトでの集客がうまくいかなくなったので、新聞広告に切り替え。
また、高額な海外旅行やクルージングツアーを団塊の世代以上に販売するために、ネットよりは新聞広告のほうが向いていると判断されたそうです。
おそらくですが、インターネットでビジネスをする黎明期にたまたまサイトを作ってネット販売をしたらうまくいった、ということが創業当初に起こったのだと思われます。
私がかかわっているビジネスでも、2000年ごろまでは単にウェブサイトを作っただけで、すぐに月商数百万、ということが良くありました。
今では同じことをそのまましても、数万稼ぐのがやっとだと思いますが。
このころに成功した人たちで、今苦労している経営者をたまに見かけます。自分に先見の明があったとか、流れを読む力があるんだと思っておられるようで、部下や外部に出される指示も非常にざっくりしている人たちが多いように思えます。
てるみくらぶの件でも、今ならフリーランスのコンサルタントやアドバイザーも優秀な人たちがたくさんいますので、そういった人を参画させてWebマーケティングをもっと極めればよかったのだと思います。
でも、おそらく自分たちはネットで成功した会社なのだから、外部のアドバイスを受ける必要はない、先駆者として成功していた自分たちがうまくいかないからネット集客はもうだめなんだという思考があったのかなと推察されます。
 
インターネットというのはあくまで情報を流すツールで、「インターネットビジネス」なんていうものはないと考えたほうが良いです。
テレビCMで集客している、雑誌広告で集客していると同列の中に、インターネット上のウェブサイトで集客しているというものがあるだけです。
 
今回のケースでは、インターネットでの集客がうまくいかない、
という段階で、広告の費用対効果やSEO、PPC、リスティング広告を見直し、場合によってはアフィリエイトなども導入して、顧客の生涯価値(ライフタイムバリュー/LTV)をしっかり集計して数字の分析をすればよかったはずです。
新聞広告で集客するのも悪いとは言いませんが、広告のROIはネット広告には勝てませんので、いかにたくさんリピートしてもらってLTVを高くするかに焦点を合わせて行動する必要があったのでしょう。




SEOのことをセオとか、インターネット・ビジネスとか言ってる人が代表だと要注意かもしれませんね。

突然の内定取り消しとなってしまった大学生の方々は本当に大変だと思います。
てるみくらぶの本社は東京都のことでしたので、ほとんどの新卒の方は東京に引っ越されていると思いますが、あきらめずに仕事を探せば、東京は日本で一番仕事の多い都市ですので、必ずどこかの会社に入社できます。

あきらめずに求職を続けてみてください。
今回の件で就職できなかった方がこちらをご覧になっていれば、就職活動のアドバイスや手伝いを無償で行います。様々な業界の内情を理解していますし、適性を見極めて転職や就職の指南をしています。


2017/3/28
電脳執事

正社員不足が顕在化


正社員が不足しているという企業を業種別にみると、「放送」が最も多く、73.3%。「情報サービス」(65.6%)、「メンテナンス・警備・検査」(62.9%)、「人材派遣・紹介」(60.8%)、「建設」(60.1%)も多かった。

人材採用コンサルティング
人事教育コンサルティング
求人広告の執事
http://www.cybutler.net/category/1326969.html

電通の残業・過労死問題以降

電通の残業・過労死問題の報道が2016年の後半にたくさんなされました。

それ以降、終電付近の混雑率が、如実に変化したようにみえます。

なんというか、雇用者側の働きかけもあるのでしょうが、実際は削減しても大して問題のない残業が多かったのだと思います。

雇用者と被雇用者というよりは被雇用者どうしの関係性、働きかけが残業させるのも減らすのも影響が大きいのでしょうね。

百貨店や小売店が、早めに閉店したり、年末年始の休業日が増えるのはとても良い傾向でしょう。
24時間営業のコンビニも、年始は休んだり、短縮営業して店内の清掃を依頼したりしても良いと思いますよ。

話は変わりますが、私個人は24時間営業の飲食店には基本的にいきません。
中のマネジメントも理解できるので、閉店しないならいつ清掃してるの?ということが気になってしょうがないからですね。

閉店業務があって、開店業務のあるお店が素敵です。

電脳執事 2017/02/15
http://www.cybutler.net/

7/22(金)10:00 ポケモンGO Pokemon GO 日本版リリース! 2016/07/22

Pokemon GO!! 盛大にローンチ!

ポケモンGo(Pokemon Go)の日本語版がいよいよリリースとなりました。

午前10時の番組では、テレビ各局がリアルタイムで放送に乗せていてにわかに盛り上がっていましたね。

 

2016/07/22 17:45 追記

ただ今サーバダウンしているようです。

ポケモン世代は今25〜35歳の働き盛りですから、仕事が終わった後にアクセスが集中したのかもしれませんね。

 

ポケモンGO 公式サイト

http://www.pokemongo.jp/

アプリ ダウンロードサイト

https://itunes.apple.com/jp/app/pokemon-go/id1094591345?mt=8

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticlabs.pokemongo&hl=ja

※ 検索機能が貧弱なAppStoreでは、「Pokemon Go」と入力して検索しないとアプリが表示されないようです。検索の神様、Google Playでは普通に検索して見つかるはずです。

注意!

詐欺アプリや便乗アプリも多いので、提供元が Niantic, Inc. (ナイアンティック インク)であることを確認してインストールしましょう!

 

関連銘柄の株価もリリースに合わせて反応していました。

ポケモンGo 関連銘柄

本丸:

7974 任天堂

関連銘柄:

6177 AppBank

7522 ハピネット

2702 マクドナルドHD

などなど、ほかにも傍系銘柄がいくつかありますが、直接的なのはこのあたりだと思われます。

AppBankは役員不祥事で大幅下落していましたので、底値でうまく拾えてよかったです^^

 

ポケモンGO のプレイ画面

IMG_3379.jpgIMG_3380.jpg

インストール後、この画面が表示されます。

Googleが開発したイングレスと同じシステムのゲームなので、Googleアカウント(Gmailアカウント)が必要です。事前に準備しておきましょう。

そうすると楽です。

自分はアイフォンユーザなのですがiOS8以降でないと対応していないようでした。

なお、アカウントにデータが紐付くので、すでにプレイしているアカウントを入れると途中からになります。

何となく、システム屋目線ですが、イングレスでプレイしているアカウントだと少し優遇されている気がします。

イングレス(Ingress)について

GoogleからスピンアウトしたNiantic社が開発しています。イングレスとポケモンGOの関連については後述します。

https://itunes.apple.com/jp/app/ingress/id576505181?mt=8

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticproject.ingress&hl=ja

 

モンスター獲得画面

IMG_3381.jpgIMG_3382.jpg

強化や進化はここでやるようです。

 

プレイヤー画面

IMG_3384.jpgIMG_3389.jpg

プレイヤー・アバターのバリエーションは少ないようでした。

男性か女性かを選んで、その後肌の色や髪の色、瞳の色などを設定していきます。

SIMsシリーズ(MAXIS社 SIMピープル)のシステムがあれば、もうちょっといろいろ触れるんでしょうけどね。

 

課金アイテム

IMG_3386.jpgIMG_3387.jpg
IMG_3388.jpg

 

ピカチュウ!

IMG_3391.jpg

プレイ後数分でピカチュウに遭遇しました♪
海外で先行しているプレイヤーの話では、特定のスポットで出現するモンスターはある程度決まっているようで、

人気モンスターが出る場所は人がたくさん集まるそうです。

もし、レアモンスターが出てくる場所を見つけたらば、メモしておくとよいかもしれませんね。

レアなモンスターは獲得できる確率も低くなります。

課金アイテムを使用するとより獲得しやすくなります。

 

ゲームオープニング画面

IMG_3392.jpg

ながら歩きには気を付けましょう。あとは、画面の中はあくまで仮想現実の世界なので、実際に危なくないか、他人の敷地内でないか確認してプレイしましょう。

ながら歩き禁止、っていうのは現実的に難しいと思います。

ちなみにARをオフにすると少しバッテリーが長持ちしますよ。

 

プレイマップ

IMG_3396.jpgIMG_3397.jpg
IMG_3409.jpgIMG_3410.jpg

方向の変更や拡大縮小はその場でできますが、実際に移動しないと画面は動きません。

チュートリアルでの説明はありませんが、乗り物に乗ると走っている映像になり、この状態では移動ポイントが付かないようです。

時速10km以下で歩行判定といわれています。

走っている状態では「ポケストップ」へのアクセスができません。

イングレスの時は走行中でもポータルにアクセスできましたので、ここは異なる部分ですね。

 

レベル5をまず目指そう!

IMG_3400.jpgIMG_3401.jpg
IMG_3402.jpgIMG_3403.jpg

レベル5になると、ジムでの対戦に参加できるようになります。

ジムでの大戦では3つのグループのいずれかに所属します。

お約束の3色わけで自分に合ったものを選びます。

体力重視型(イエロー)、戦略重視型(ブルー)、戦闘力重視型(レッド)、といったグループ分けのようでしたが、ポケモンGOのゲームシステムでは直接的な影響はないと思われます。

 

ルアーモジュール

IMG_3410.jpgIMG_3411.jpg

ポケストップがまれに花吹雪に包まれていることがあります。

これは、プレイヤーの誰かがアイテムのルアーモジュールを設置した時に表れる演出です。

ルアーモジュール設置時は周辺で野生モンスターの出現頻度が上がります。

隣接するポケストップで同時に行うと効果が上がるのかもしれません。

 

ジムでの対戦

IMG_3404.jpgIMG_3405.jpg

ところどころに普通のポケストップより背の高いサインが出ます。

そこはジムと呼ばれる、ほかユーザーと対戦ができる拠点となっています。

前回のバトルの勝者がいるので、それに勝つと自分がそのジムのオーナーになるようです。

ジムは公園や寺院仏閣、駅など公共性の高い場所に設置されることが多いです。

→「ポケモンGO Pokemon GO 日本語版」続きを読む

パスワードを定期的に変更することがより安全?

アメリカの科学研究機関NIST(米国国立標準技術研究所)のコンピューターセキュリティ担当部門、CSD(Computer Security Division)が発行した文書「800-63B」が注目を集めています。

デジタル認証のガイドラインとして書かれたもので、パスワードに関する項目に、「パスワードの定期変更はすべきでない」と明記。セキュリティの常識を変える可能性があります。

まだ草案の段階だそうですが、なかなか興味深いですね。

私の場合、定期的に変更しないことに加えて、紙、ノートに各サービスやシステムのログイン情報を記録して金庫に保管してあります。

また、記憶させる仕組みは極力使用しないようにもしています。

電脳執事
http://www.cybutler.com

ブラウザのシェア InternetExplorer首位陥落 Google ChromeがNo.1へ

Google Chromeがシェア41.7%を獲得して首位となったそうです。

Google内のコンテンツによっては、IEであえて見づらくなるものもありましたからねー。
セキュリティの脆弱性を狙われるターゲットがChromeに変わりそうで要注意です。

私は、モジラ Firefoxユーザーです。


〜以下引用〜

 【シリコンバレー時事】米調査会社ネット・アプリケーションズが2日までに公表した統計によると、パソコン用インターネット閲覧ソフト(ブラウザー)市場の世界シェアで、今年4月に米グーグルの「クローム」が、米マイクロソフト(MS)の「インターネット・エクスプローラー(IE)」を抜き、初めて首位となった。

 
 「クローム」のシェアは41.7%で、IEの41.4%を逆転した。MSが最新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」に標準搭載した新ブラウザー「エッジ」のシェアはIEに含まれる。

 パソコン市場を制したMSは、1990年代の「ブラウザー戦争」でネットスケープ社を追い落としたが、近年はセキュリティーの欠陥問題などでシェアを失っている。

 一方、「クローム」はグーグルのOS「アンドロイド」を通じて携帯端末向けに普及。携帯とパソコンで併用する際に「ブックマーク(お気に入り)」が自動的に同期されるなどの機能が支持され、パソコン向けでもシェアを伸ばしている。 

2兆円の2020オリンピックと5兆円の中央リニアと1200兆円の借金

2020オリンピックが2兆円の予算に膨らんだとのニュースがありました。

中央リニアは5兆円、JR東海1社が全額出すとのことですが、もともと国営企業。

2兆円のオリンピックは周りが協力して盛り上げようというのではなく、この機会に私腹を肥やそうというタカリ屋によるもの。

高齢者への給付金3万円のバラマキ財政も含めて、どうなることやらですね。

会社を経営する立場としては、正しく納税して、健全なビジネスで利益を出して社員を養っていくことしかできません。

今一度、社会全体をみて動ける権力者が増えて欲しいものです。



〜記事引用 2015 12 19〜

東京五輪費用、1兆8千億円 当初の6倍、大幅な公的資金投入避けられず 大会組織委試算
2015.12.19 00:24

 2020年東京五輪・パラリンピックに必要な会場整備や大会運営費が約1兆8千億円に上ることが18日、大会組織委員会の試算で分かった。大会への立候補段階では約3千億円と見込んでおり、費用は当初の6倍に膨らむことになる。

 組織委では費用削減に向けて東京都や国との協議を急ぐが、最終的に大幅な公的資金の投入は避けられない見通し。組織委は今後、都民や国民が納得する説明を求められる。

 関係者によると、組織委がスポンサーやチケット収入などで集められる資金は約4500億円と想定。しかし、仮設競技会場の整備費や施設の賃借料、テロ対策の強化といった警備費などが当初の見込みを大幅に上回ることが判明した。

 費用の大幅な増加は人件費や資材の高騰などを要因とするが、選手らを輸送する首都高速道路に専用レーンを設置するための補償費や、会場周辺の土地賃貸料など当初は見込んでいなかった負担によるものもある。これに国や都の会場整備費を加えると運営費は2兆円以上に上る。

 東京五輪の開催計画を記した「立候補ファイル」では、組織委の運営費は3013億円、東京都が会場の新設などで支出する額は1538億円の予定だった。

 五輪の経費をめぐっては、組織委の森喜朗会長が7月、日本記者クラブでの記者会見で「(大会経費が)2兆円を超すことになるかもしれない」と述べていた。

 12年ロンドン大会でも大会運営費が当初見込みを大幅に上回る約2兆1千億円となり、多額の公的資金が投入されている。


五輪スポークスパーソンに小野氏
「大変満足な成果だ」IOCがコスト削減を評価 自転車の分散開催承認で

[Wordpress脆弱性] XML-RPCの脆弱性対応 対策方法

今回、Wordpressで発見された脆弱性について

XML-RPCの脆弱性対応 対策方法

■ 脆弱性の現象
外部システムからの投稿および画像のアップロード等に使用される『xmlrpc』におい
て、リスト型ブルートフォース攻撃が可能となる。

通常のブルートフォース攻撃と異なり、単一のリクエストで多数のID、パスワードを
試行できるため、情報漏洩につながる可能性が高くなる。

■ 攻撃の影響
攻撃が成功するとユーザーID、パスワードが読み取られる可能性。
この方法の攻撃方法では、通常のパスワード強度は維持される。記号や数字、大文字
小文字、パスワード長による防御が可能。

■ 直接的対策
[.htaccess]にて、xmlrpc.php へのアクセスを禁止する。
XML-RPCを使用していなくても脆弱性の影響は受ける。

3.5未満のバージョンであれば、投稿メニューからXML-RPCの機能をOFFにするだけで
解決するが、最新バージョンを含め3.5以降のものはOFFにできないため、アクセス禁
止設定が必要。XML-RPCの機能を使っている場合は、特定のIPにアクセス許可を与え
る記述が必要。


htaccess記述例:

   
   Order Deny,Allow
   Deny from All
   




「電脳執事」 http://www.cybutler.net/

民主主義は…

民主主義は、

『忍耐と妥協の産物』

セールス&マーケティングのコンサル 電脳執事
http://www.cybutler.net/

▲ ページトップを表示


ホームページ制作 ネット広告(PPC) 完全成功報酬型SEO対策 ビジネスブログ

〜 会社のイメージアップとインターネットでの集客・集患から人材採用まで 〜

社長、経営者、責任者のための相談役・コンサルタント

電脳執事へのお問い合わせ ご相談

Tel 03-5369-3635 (平日10:00〜17:00)

ご相談・見積は完全無料 多種多様な業種のお客様からの顧問料で必要な売上を達成しておりますので、しつこい営業は一切ありません。 一度お会い頂ければご納得頂けますが、お悩みやご相談など、お話を伺うスタイルのコンサルティングです